医者

痛みがおこる原因

病棟

痛風を避けるためには、尿酸値を7mg/dL以下に保たないといけません。このためには、アルコールを控え、尿をアルカリ性にする食物をとり、ストレスをためこまないことです。また、有酸素運動も効果的です。尿酸は、プリン体作られます。だからプリン体が多く含まれる食物を避けるべきでしょう。

詳細を確認する...

足指の関節が痛む病気とは

男性

痛風は足の親指や膝、足首などに発症します。プリン体が分解してできる尿酸が関節につくことが原因です。これは重大な病気が原因の場合もあります。薬物療法のほかに十分な水分をとり、ストレスをためないことも大切です。

詳細を確認する...

尿酸を増やさないために

女性

痛風は誰にでも起こりうる病気で、一度かかると完治はせず、長い間尿酸をコントロールしなければならなくなります。尿酸を増やさないように、普段の食事からプリン体の摂取を控え、水分をたくさん補給して排尿を促進しましょう。

詳細を確認する...

またの名を「ぜいたく病」

過度の暴食などがきっかけ

医者と患者

忙しい人、ストレスを溜めやすい人は特に予防面で気をつけたい病気として「痛風」があります。痛風は血液の中に尿酸が高い状態(高尿酸血症)が長く続くことで発症します。私達ヒト科の生物は進化の過程において尿酸を無害化する機能を失って現在に至ります。健康な人であってもこの尿酸というものは血液中にある程度含まれているのですが、激しい運動、暴飲暴食などが引き金となって血液中の尿酸が著しく高まることがあります。これが度を越して、人体にもともと備わった恒常化機能=コンディションを一定に保とうとする働きを上回ったとき、痛風の症状が現れます。骨折したのかと錯覚するほどの痛みが、人体中でも血流の低い部位である脚部にもっぱら現れてきます。その名前の由来は風が吹いても痛いからだとも、毎日の天気のごとく激痛と軽快の波があるからだとも言われます。

予兆を見逃さず予防を

尿酸値、という言葉は割合によく耳にする事が多いものです。健康診断の結果で尿酸値が高いとよくないなどと巷でも言われますね。尿酸というのは細胞の中にある構成要素の一つで、核酸を形作る部位のうち「プリン体」というものが肝臓で分解された時にできる残りカスです。尿酸値が高いとイコール必ず痛風になる、ということではなく幸運にも発症を免れるような人もいます。ですが一般的に見てリスクが高まっているのは間違いありません。また痛風だけでなく腎臓の障害といった病気にもつながってくる可能性があるため、なんらかの改善策を検討するべきでしょう。バランスのよい食事をとることや適度な運動をするのはもちろん、ストレスを溜めないようにすることも大切です。もしも健康診断で尿酸値に異常が見られたら、この三つが痛風発症を予防する大事なポイントとなります。